耐熱容器はガラス製がおすすめ! 違いを知って商品選びに活かそうのページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   iwakiお弁当選手権エントリー開始!11月30日まで!

耐熱容器はガラス製がおすすめ! 違いを知って商品選びに活かそう

耐熱容器はガラス製がおすすめ! 違いを知って商品選びに活かそう

日常的な調理の中で、電子レンジやオーブン、オーブントースターを使って食材を加熱している方も多いでしょう。それらの調理家電を活用する際に、あると便利なのがガラス製の耐熱容器です。
ここでは、耐熱容器とはそもそもどのようなものなのかをはじめ、電子レンジ用とオーブン用の耐熱容器の違い、iwakiおすすめの耐熱容器をご紹介します。


耐熱容器とは?

耐熱容器とは?

耐熱容器とは、温度変化によるお皿の膨張や収縮を小さくして、変形やヒビ割れなどが起こらないように作られた容器で、ガラスやプラスチック、陶磁器などが素材として使われています。

電子レンジやオーブンのような調理家電に入れて加熱できるため、食材の下ごしらえや作り置きしておいた料理の温め、グラタン料理やケーキ作りなど、幅広い用途で使うことができます。

また、冷蔵庫や冷凍庫から取り出した耐熱容器をそのまま電子レンジで加熱できるものも多く、食材を温める際に別の容器に移し替える必要がないため、料理の時短アイテムとしても活用できます。

耐熱容器の電子レンジ用とオーブン用はどう違う?

耐熱容器の電子レンジ用とオーブン用はどう違う?

電子レンジ用やオーブン用など、耐熱容器は商品によって用途が分けられています。これは、電子レンジとオーブンで食材を加熱する仕組みが異なるためです。電子レンジは食品の分子を振動させて温めるのに対し、オーブンは熱で内部の温度を上げて食品を温めます。

一般的に、電子レンジで加熱する場合は120℃以上、オーブン加熱の場合は300℃程度の熱に耐えられるものでないと、容器が変形やヒビ割れ、破裂などを起こす恐れがあるため注意が必要です。

しかし、容器の見た目から、どれくらいの熱に耐えられるか判断することはできません。容器によって、レンジ加熱はできてもオーブン加熱はできないなど、対応している調理家電が異なる場合もあります。
耐熱容器のラベルや注意書きには「電子レンジ可」「オーブン使用可」という表記や、どれくらいの熱に耐えられるかを示す「耐熱温度」や耐熱ガラスの場合は「耐熱温度差」が記載されているので、購入する際に確認するようにしましょう。

匂いや色移りを気にせず使えるガラス製の耐熱容器がおすすめ

匂いや色移りを気にせず使えるガラス製の耐熱容器がおすすめ

ガラスやプラスチックなど、さまざまな素材から作られている耐熱容器ですが、おすすめは使い勝手の良いガラス製のものです。

ガラスには匂いや色移りがしづらいという特長があるだけでなく、油汚れも落としやすいため、洗い物も簡単です。

また、シンプルなガラス製の耐熱容器なら、フタを外し、ガラス容器として食卓に置いて使えるため、冷蔵庫から取り出した料理を電子レンジで温めて、そのまま食卓に並べるといった使い方もできて便利です。
料理を盛り付ける手間や洗い物の量を減らすなど、日々の料理を楽にするために活用できるでしょう。

iwakiおすすめの耐熱容器をご紹介

ここからは、多くの魅力があるガラス製耐熱容器の中でも、食材の保存に向いた耐熱保存容器のおすすめ製品をご紹介します。

NEWパック&レンジ

NEWパック&レンジ

耐熱温度140℃のポリプロピレンをフタに使った、耐熱ガラス製の保存容器です。フタをつけたままでも電子レンジ調理が可能で、冷蔵庫から出したものをそのまま温め、食卓に食器として並べられるなど、時短アイテムとして活用するのもおすすめです。

角型のパック&レンジは、フタを外せばオーブンでの加熱にも対応していて、グラタンやドリアなどの調理も行えます。商品を積み重ねられるので、スペースが狭い収納場所でも安心です。
また、本体・フタともに食洗機で洗えるので、いつでも清潔さを保ちながら使えます。

密閉パック

密閉パック

フタ本体とシリコン製のパッキンが一体化し、高い密閉度を保つことができる密閉型の保存容器です。匂いが強かったり湿気を嫌ったりする食材の保存に向いています。

iwakiの耐熱ガラスはビーカーやフラスコなどと同じ素材のガラスを使用しているので、塩や酸に強く、塩レモンや酢の物、ヨーグルトなどを作ったり保存したりする容器としても最適です。なんと密閉したまま電子レンジによる加熱が行えるので、保存した食品を手早く熟成させることもできます。

本体はもちろん、フタも熱湯消毒できる耐熱使用なので、清潔に使用し続けられるのもポイントです。

密閉クリアパック

密閉クリアパック

本体が耐熱ガラス製でできた密閉型の保存容器です。フタについている赤いつまみを押すだけで簡単に密閉できるため、匂いの強いものや湿気に弱いものの保存に向いています。

フタも透明なので、横だけでなく上からも中身の様子を確認でき、フタを外せば電子レンジ調理にも対応しているなど、使い勝手の良さが魅力です。

食品の保存には耐熱容器を活用しよう

食品類の保存に耐熱容器を活用すれば、冷蔵・冷凍保存した料理をそのまま電子レンジで温めたり、オーブンで加熱したりできます。

また、ガラス製でシンプルなデザインの耐熱容器なら、そのまま食卓に出しても違和感がありません。耐熱容器に入れて冷蔵庫で保存しておいた作り置きの料理を、電子レンジで温めてそのまま食卓に出せば、洗い物や料理を盛り付ける手間を減らすことにもつながります。

便利な耐熱容器を、日々の調理やお料理の保存に活用してみてはいかがでしょうか。